2020年以降のハイコスポルティフのビジョン

HEICO_SPORTIV_V60_225_rear_drive_1.jpg

Vision 2020の一環として、ボルボは2020年以降の販売車両の最高速度を180km/hとすることを発表しました。

技術と合法性に関する徹底したコンプライアンスはすべての根底にあり、ハイコスポルティフの最優先事項のひとつです。

 

ホルガー・ヘディケ代表は今後のハイコスポルティフの展開を次のように述べます。

 

”ハイコスポルティフの製品は衝突安全性、騒音や排ガス規制に考慮して国内保安基準に適合、徹底した品質管理のもと製造されています。

 

しかし同時に、ハイコスポルティフは独自性と究極のドライビングプレジャーを表現してきました。その背景には、自信に満ちた個性豊かなライフスタイルを楽しむアクティブなユーザーの存在があります。

 

ユーザーはクルマとそれを取り巻く環境に対して大きな責任を担っています。そのなかで個々に走る喜びを感じるのです。

 

したがってハイコスポルティフは、ボルボの戦略的な動向を考慮しつつ、ユーザーのニーズに応える製品を今後も提供していきます”